STONE'S

STONE'S PRODUCE

ストーンズ新築プロデュース賃貸

 先日お伝えした来春施工予定のストーンズ新築プロデュース物件ですが、先日「地鎮祭」を行いました。地鎮祭の簡単な説明とその時の様子をお伝えしたいと思います。

最新情報 2020年12月 ~地鎮祭~

 地鎮祭は家の建築工事が始まる前に、工事の安全と無事の完成、さらには、その家が何事もなく長くその場所に建ち続けることを祈り、土地を守る神様にその土地を使用する許しを請う儀式として昔から行われてきました。「家を建てる土地の四隅に青竹を立て、しめ縄で囲んで祭場をつくり、施主や工事関係者が参列して行います。

手水(てみず)

神事の式場に入る前に、手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を清めます。

清祓いの儀(きよはらいのぎ)

神職が切麻によって土地の四方と中心を清めます。

刈初の儀(かりぞめのぎ)

建物の設計者が行う儀なので、弊社スタッフが行いました。斎鎌を入れ、三回鎌で盛砂の草をつかんで刈る動作をし、草を抜いて下におきます。神様に工事の開始を奉告する儀式です。

鎮物

中身は人型、盾、矛、小刀、長刀子、鏡、水玉の7つです。 (本物ではなく、鉄板などで作られている場合が多いです)これらを鎮めることで、建物完成後に暮らすご家庭に安穏と幸福をもたらすといわれています。基礎工事の前に家の中心部分に埋めます。

地鎮祭は、古くは日本書紀にも記されている伝統的な風習で、弊社プロデュース物件は、今まで全て地鎮祭を行っており、これで安心して工事に着手出来ます。

これからも工事の進捗を定期的にお伝えしますので、どの様な物件になっていくのか楽しみにしていてください。