新年のご挨拶

ストーンズグループ 
常務取締役 石井 亮 

 

年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年はコロナに始まりコロナに終わった年でありました。経済の混乱はもちろんのこと、我々の生活様式さえ変えてしまった新型コロナウイルスに、一昨年の大型台風に引き続き、自然の驚異と人間の弱さを感じる年となりました。

 このような状況のもと、我々ストーンズグループは仲介取扱件数、管理戸数、新築プロデュース棟数の全てにおいて前年対比で数字を伸ばすことができました。これもひとえに日頃お世話になっているお客様、ならびにお取引いただいている業者様のご愛顧とご支援によるものと心から感謝申し上げます。

 弊社では、一昨年より様々なITツールの導入による業務改善、並びに人事制度の変更による働き方改革に取り組んでおりました。そのおかげもあり、コロナ禍でもスムーズに在宅勤務やリモートワークに移行でき、結果としてお客様に対してのサービス提供を止めることなく、事業を継続できることができました。

 引き続きコロナ禍が続いていく中で、多くの方が自宅待機、自宅での就業、自宅での育児を実施しております。その結果とし、管理会社としての社会的役割は益々大きくなって参ります。その社会的役割を果たすため、本年もより一層の改革を実行し、より価値の高いお客様へのサービス提供を実施して参る所存です。 

 冒頭で「人間の弱さ」に触れましたが、昨年は「人間の強さ」も実感できた年でもありました。通常数年、場合によっては数十年かかるワクチンの開発を1年かからず開発し、実用にまで至った人類の叡智と努力には感動を覚えました。

 本年は、弱くも強い人間である我々がこの未曾有の危機を克服し、コロナ前よりもより良い世界を創り出すスタートの年になると考えております。その一助として我々ストーンズグループも一層の努力を惜しまず、「ストーンズで良かった!」とお客様に感じていただける機会を増やせるよう邁進して参ります。

 本年も皆さまの一層のご理解とご支援をお願い申し上げるとともに、本年が皆さまにとって実り多い一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 最後になりましたが、この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様に対し、謹んでお見舞いを申し上げます。また、日夜最前線で感染症に対応されている医師や看護師の方々をはじめとした医療従事者の方々、輸送関係など我々の生活のために動き続けてくださっている方々、そして、それを支えるご家族の皆様に心より御礼申し上げます。