新年のご挨拶

 年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

 昨年は「リスク」を常に考え行動せざるを得ない年でした。これをしたらリスクが、あれをしたらリスクが、そのような制約された条件の中で見つけられる小さな楽しみを紡いでなんとか暮らしてきた一年であったように感じます。

 

 このような状況のもと、我々ストーンズグループは2年連続で仲介取扱件数、管理戸数、新築プロデュース棟数の全てにおいて前年対比で数字を伸ばすことができました。これもひとえに日頃お世話になっているお客様、ならびにお取引いただいている業者様のご愛顧とご支援によるものと心から感謝申し上げます。

 

 また、昨年は一部の企業において在宅勤務が定着し、ご自宅で過ごす入居者様が増えました。その結果として、管理会社としての社会的役割が益々大きくなっている事を日々の入居者様対応を通じて感じております。その社会的役割を果たすため、本年もより一層の改革を実行し、オーナー様にとっても入居者様にとってもより価値の高いサービス提供を実施して参る所存です。 

 

 我々ストーンズは去年の世田谷支店の出店に続き、今年の春に溝の口駅前に支店をオープンいたします。現在、「今の時代に合った新しい不動産屋を溝の口駅前に作ろう!」とコンセプト設計に取り組んでおりますので、オープンした際には是非足をお運びいただけますと幸いです。

 

 本年も皆さまの一層のご理解とご支援をお願い申し上げるとともに、本年が皆さまにとって実り多い一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

 最後になりましたが、依然として新型コロナウイルスの不安が払拭されない中で、最前線で感染症に対応されている医師や看護師の方々をはじめとした医療従事者の方々、輸送関係など我々の生活のために動き続けてくださっている方々、そして、それを支えるご家族の皆様に心より御礼申し上げます。

株式会社ストーンズ
代表取締役 石井 亮