ストーンズグループの
新型コロナウイルス対策

ストーンズグループの主な取り組み

covid-img16
スタッフの体温提出

ストーンズグル―プの全スタッフは、出勤までに体温の提出が義務付けられています。37.5度以上又は平熱より1度以上高い場合、出勤していません。

covid-img18
全スタッフマスク着用

スタッフは、お客様の安全及び公衆衛生を考慮しマスクを常時着用しています。

covid-img15
テレワーク推進

ストーンズグル―プは、2年前から積極的にIT化を進めており、感染リスクレベルに応じてテレワークを行っています。

covid-img12
定期的な換気

通常換気に加え、定期的な時間を決めて10分間の換気を行っています。

covid-img13
消毒の徹底

不特定多数の方が触れる可能性のある箇所(ドアノブ・手すり・テーブル・イス等)はアルコール消毒液によるふき取り清掃を定期的な時間を決めて行っています。

covid-img17
飛沫対策

来客スペースには飛沫防止パネルを設け、スタッフのワークスペースにも飛沫防止シートを設置しています。

ストーンズグループでは新型コロナウイルス対策として、顧客と契約したサービスの提供を担保することを目的としつつ、ストーンズグループで働く社員やその家族の安全を担保するためのルール策定が必要と考え、コロナウイルス感染拡大リスクレベルの状態定義をし、レベルに応じて各部署ごとにテレワーク実施率を変動させるなどの対応をしております。