~2020年上半期を振り返って~

ストーンズ・アフィット

~仲介の現場から~

~2020年上半期を振り返って~

 全世界に今なお猛威を振るう新型コロナウイルス。私たちにとっての2020年は先行きの見えない形でのスタートとなりました。不動産業界の4月以降は閑散期となりますが、緊急事態宣言が出された4月以降のお客様の動向に関しては全く先の予測がつかないというのが率直な感想でした「こんな時期にお部屋探しをするのだろうか?」「たくさんの空室がでたらどうしよう。」私と同じように考えていたオーナー様も沢山いらっしゃったのではないでしょうか。
 そんな不安を抱えながらストーンズグループの上半期決算を10月末に終えましたで、なんと売上は・・・前年と比べて、115%UP。反響数も前年と比べて、135%UP。驚くべきは集客数(店舗来店数)で前年と比べて、113%UP。この結果には非常に驚いたと共に現在のコロナ禍の中では極めて異例の上半期決算を迎えることが出来ました。
 コロナ禍の中でもお客様・オーナー様への安全性と衛生面の徹底や、オーナー様の大切な資産を、ユーザーのニーズに合ったストーンズオリジナルリフォームをご提案をする資産管理スタッフ、360℃カメラ導入によるパノラマ写真の強化など、お客様へ魅力的な広告を創りだす専門の入稿チーム。

 ストーンズグループでは各専門部署が的確なアドバイスや提案を行い、他社とは一味も違う魅力ある物件を生み出す事に注力をしており物件を成約に繋ぐためのスペシャリストが揃っています。 
 これからまさに2021年の繁忙期の入り口を迎えます。現在ストーンズグループではお陰様で入居稼働率は97%という安定した入居率を維持しています。欲を言えばもっと募集できる件数が増えて欲しいというのが正直なところですね(笑)

 空室でお困りのオーナー様、是非ともストーンズグループに募集活動ならびに管理をお任せください。今よりも満足の頂ける管理内容と成約力をお約束致します。

ストーンズ・アフィット

取締役社長 正木 大

コロナ渦におけるストーンズ信用保証サービスの家賃回収

コロナ禍におけるストーンズ信用保証サービスの家賃回収

 新型コロナウイルスが、今年初頭より日本で猛威を振るっています。緊急事態宣言により営業停止や時短営業がある中で、不動産業を営む方の頭を悩ませた一つが、家賃滞納です。ストーンズも同様で、失業等による家賃滞納はありましたが、滞納は最小限に抑えられたと感じています。理由として、対応の速さと申請のスムーズさがあります。
ストーンズでは4月に、入居者様やオーナー様が見られるように『政府自治体の相談窓口一覧』を自社HPに掲載しました。これにより、相談に来られた方と一緒にHPを確認をして、『現状に合う支援はこれですね』とすぐに提案が出来ました。
【対応実例】
①住居契約で男性一人暮らし、職業がスポーツクラブのインストラクターの方です。宣言後、営業停止で休業し収入が無くなったと話がありました。入居者様に合った制度を提案し、役所へ住宅確保給付金の申請を打診しました。すぐに動いたため、申請もスムーズで2ヵ月程で受給開始となりました。
②世田谷区で美容室を運営している個人事業主の方です。宣言により時短営業となり来客が大幅に減少し売上がない状況(7割~8割減)でした。店舗へ赴き、緊急融資や持続化給付金を提案し役所へ相談するよう協議しました。結果、持続化給付金の申請がおり滞納は解消となりました。

 今回紹介した実例で重要なのは、数ある制度の中から最適なものを提案することです。役所は相談に行かないと対応してくれません。入居者様を動かす『提案』が滞納解消への近道です。

stonespress-2012-img03
新型コロナウイルスに関する融資支援・助成金・補助金相談窓口一覧

 ストーンズではこのような対応により、コロナ前と変わらずに家賃回収率99%を維持しております。家賃滞納に頭を悩ませているオーナー様は、安心してストーンズに管理をお任せください。

hatano

 ストーンズ信用保証サービス
課長代理 波多野 孝徳

Welcome to STONE’S!

Welcome to STONE'S!

 今回ご紹介する物件は大手ハウスメーカーで建替えた新築です。この物件は建替え前から弊社で管理をさせていただいていたもので、今般はオーナー様の意向でハウスメーカーでの計画となりました。しかしオーナー様は完成後の管理について、施工ハウスメーカーの管理提案だけではなく、弊社ストーンズ管理を含めた検討をされていました。
 比較検討した項目は、①管理費、②管理内容、③募集家賃の査定です。管理費は同じでしたが、募集家賃は¥4,000の差がでました。理由として、物件のある場所がストーンズの強いエリアだったこともあるため、AI査定にこれまでの経験値を加味した査定ができたからです。その結果、「今までの管理の対応も良かったし、管理内容も充実している。何よりも家賃査定に満足。」と弊社に管理をお任せいただくことになりました。
 入居については、引き渡しから19日で全部屋申込みとなり、「予想以上に早く入居者を決めてくれた。」と、担当者にお褒めの言葉をかけていただきました。

 管理の内容は千差万別です。管理費だけにとらわれず、管理内容、募集体制など総合的に判断をすることが重要です。他社で建替えた物件も、管理会社の選定 に お 悩 み でしたら、ぜ ひ お 声 が けください 。
 ストーンズは一級建築士事務所として新築のプロデュースをしています。新築からのご相談もぜひお待ちしております。

■ 物件住所:川崎市高津区
■ 物件概要:軽量鉄骨造2F建て 
■ 間取り:1LDK3戸室 2LDK3戸室

ストーンズ外壁リノベーション

stonespress-2012-img06

 ストーンズでは、無料の外壁診断~工事までワンストップで承っております。今回は川崎市高津区にある管理物件の外壁工事外壁工事をお任せ頂くことになりました。白を基調とした単身者専用のアパートですが、周りには新しいアパートも増えていくなかで何か差別化できなか・・・デザイナーと建築士にによる外壁リノベーションをご提案させて頂きました。

 正面の窓には、木製の枠(意匠)をあしらうことで一気に可愛らしい雰囲気となり、新たに切り文字の館銘板をつけることでフレンチカジュアルな印象に。共用部の照明はマリンライトに交換し、長く続く共用廊下はどこか隠れ家っぽい暖かな明かりが灯っていて、帰ってきたときの安心感があります。
 さりげない部分ですが、細かい部分を見直すとこんなにも変化があるのです。

 ストーンズでは、外壁診断を行った上で最適なプランニングを行い、道を通った人が「ここに住んでみたい」と思ってもらえるような素敵なご提案をさせて頂きます。

自然塾

 10月号でお伝えしましたプランター菜園ですが、ついに収穫を迎えることができました!種まき後3日で発芽。10月初旬に台風予報があり、会社内へ避難させたり、葉っぱがイモムシに食べられていたらすぐに駆除したり・・・細かな観察の甲斐あってグングン成長していきました。種まきから55日で収穫へ。プランター野菜を家でもやってみようかなというスタッフも現れ、プロジェクト大成功!
育てたチンゲン菜はスタッフが持ち帰り、それぞれ違った料理で美味しく頂きました!

STONE'S PRESS 2020年過去記事

STONE'S PRESS12月号
STONE'S PRESS 11月号
STONE’S PRESS10月号
STONE’S PRESS 9月号
STONE’S PRESS 8月号
STONE’S PRESS 7月号
STONE’S PRESS 6月号
STONE’S PRESS 5月号
STONE’S PRESS 4月号
STONE’S PRESS 3月号
STONE’S PRESS 2月号
STONE’S PRESS 1月号